受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
研究 学生 投稿日:2016.12.06
理学部化学科4年の井上真奈美さんが2016ハロゲン利用ミニシンポジウム(第9回臭素化学懇話会年会)でポスター賞を受賞しました【11月25日(金)】

 平成28年11月25日(金)に佐賀大学で開催された2016ハロゲン利用ミニシンポジウム(第9回臭素化学懇話会年会)で、理学部化学科4年の井上真奈美さんが、ポスター発表でポスター賞を受賞しました。
 本賞は、ポスター発表を行った学生の中から選出、表彰されるものです。今回は、審査対象となる38件のポスター発表に対し、3件のポスター賞が選出されました。
 発表タイトルは「π拡張ジアザポルフィリン類の合成」で、有機半導体としての応用が期待されているテトラベンゾジアザポルフィリンの新規合成ルートの開拓と、生成したジアザポルフィリンおよびアザコロールの構造および物性について発表し、その質疑応答が評価され、今回の受賞に至りました。%e4%ba%95%e4%b8%8a%e7%9c%9f%e5%a5%88%e7%be%8e_%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e8%b3%9e1

<理学部>