受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
教育 その他 投稿日:2017.05.01
第65回中国四国地区大学図書館協議会総会が開催されました【4月20日(木)】

 平成29年4月20日(木)、愛媛大学図書館を当番館として、第65回中国四国地区大学図書館協議会総会を松山市立子規記念博物館で開催しました。総会には、国公私立58大学の館長、事務(部・課)長など99人の参加がありました。
 大橋裕一学長、竹田美喜子規記念博物館長、寺本康俊広島大学図書館長の挨拶に続き、清水史図書館長が議長を務め全体会議が行われました。その後、職務別に分かれ、国公私立大学図書館長の各会議では「当面する諸課題等について」、事務(部・課)長会議では「英語多読図書の購入・運用等について」などをテーマに活発な議論が繰り広げられました。

 

 閉会後は大和屋本店に場所を移し、木藤隆雄国際連携推進機構客員教授の司会のもと、情報交換会を行いました。総会出席者に予め投句用紙を配布し、「俳句を作ってみませんか」と呼びかけたところ、24人から投句がありました。その中から、情報交換会のアトラクションとして、大橋学長をはじめ幹事館及び当番館の各館長に抽選で俳句を選んでもらい、7人の作者に記念品が贈られました。竹田子規記念博物館長によるそれぞれの俳句に対する寸評もあり、会場は大いに盛り上がりました。
 翌日には、第44回国立大学図書館協会中国四国地区協会総会を開催し、11大学28人が参加しました。会議では、中国四国地区協会の活動についての活発な討議と意見交換が行われました。