受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
教育 研究 投稿日:2018.02.05
教育学研究科教職大学院院生が松山市3年教職経験者研修で講師を務めました【1月23日(火)】

 平成30年1月23日(火)、本学教育学研究科教職大学院リーダーシップ開発コースに所属する6人の院生が松山市教育研修センターで開催された「3年教職経験者研修」の講師を務めました。この研修は、松山市教育委員会が独自に取り組む「若手教員育成研修」の一環で、3年間の教職経験を積んだ教諭を対象に行われるものです。

 

 6人の院生は、教職大学院での学びや経験を活かし「カリキュラム・マネジメント」「チーム学校」「働き方改革」「学び続ける教師」という4つのテーマを設定し、午前中に行われた「学校組織マネジメント基礎講座」を担当しました。
 各院生が担当した時間は30分という短い時間でしたが、講義に加え、ワークシートを用いたグループディスカッション、全体での討議やフィードバックを採り入れ、随所に新しい試みや様々な工夫が見られました。学校現場でもすぐに活用できるアクティブ・ラーニングの手法の紹介や実践は、参加された先生方からも好評を得ることができました。
 研修終了後、参加者からは、代表者から最新の教育事情や話題について学ぶことのできる有意義な機会となったとの感想が述べられました。

<大学院教育学研究科>