受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
教育 研究 投稿日:2018.11.26
グローバルサイエンスキャンパス平成30年度全国受講生研究発表会において 本学の受講生が優秀賞を受賞しました【10月8日(月)】

 国立研究開発法人科学技術振興(JST)の「グローバルサイエンスキャンパス(GSC) 平成30年度全国受講生研究発表会」に本学の受講生8名が参加し、2件のポスターを発表し、1名が優秀賞を受賞しました。

 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が推進するグローバルサイエンスキャンパス(GSC)は、グローバルに活躍しうる科学技術系の人材育成を目的として、優れた素質と高い意欲を持つ高校生に対し、高度で体系的な理数教育プログラムを提供する事業で、本学においても今年度から実施しています。この事業の一環として、研究成果を発表し交流を深める全国受講生研究発表会が10月7日、8日に東京都江東区の日本科学未来館で開催され、全国16の大学から集まった受講生90名のうち50名が計38件のポスター発表を行い、日頃の研究活動の成果を、半数近くは英語で発表しました。本学からも受講生8名と引率教員など7名が参加し、2件のポスター発表を行いました。
 1日目のポスター発表で選ばれた10件の発表者が2日目の口頭発表を行いました。本学の受講生である重松楽々さん(愛媛県立長浜高校)も2日目の口頭発表に選出され、優秀賞受賞に至りました。
 本学から参加した受講生も目を輝かせて発表に聞き入り、また交流会では、同世代の志を同じくする仲間と交流を深めました。推進委員会委員長からは「若い柔軟な発想で素晴らしい成果を出している研究が多く、将来の科学技術の発展に明るい展望を抱きました。若い人たちは積極的に仲間を作り、社会の諸問題を協働しながら解決する力を身に付けていっていただきたい」という励ましの言葉をいただきました。また「研究のレベルの高さに驚いた」、「高校生なのにとても上手に英語で発表していた」といった感想も多く寄せられ、これからの学習にますます意欲的に取り組んでくれるものと期待されます。

 

 

【国立研究法人 科学技術振興機構 GSC(平成30年度全国受講生研究発表会 受賞者一覧)】
http://www.jst.go.jp/pr/info/info1341/besshi.html

<理学部>