アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
その他 投稿日:2018.12.27
衛生管理者スキルアップ研修を開催しました【12月7日(金)】

 平成30年12月7日(金)、大学本部棟の第2会議室で、衛生管理者スキルアップ研修を開催しました。
 この研修は、本学で安全衛生業務に携わっている衛生管理者(第一種及び衛生工学衛生管理有資格者)を対象に、平成24年度から実施しているものです。本学では、現在約380人の有資格者が安全衛生管理業務に関わっており、今回は18人が受講しました。
 始めに、愛媛大学施設基盤部安全環境課の渡部博文課長から、受講者に向けて日頃の安全衛生業務への協力に謝辞が述べられ、本研修で学んだ事を今後の活動に活かして欲しいと挨拶がありました。
 続いて、愛媛産業保健総合支援センター産業保健相談員の臼井繁幸氏が「労働衛生に関する法令と衛生管理者の役割」と題して講演を行いました。まず、最近の労働衛生管理に求められる領域が拡大化されてきていることから、衛生管理者は常にスキルアップが必要であることに触れ、近年、改正のあった法令等について幅広く説明がありました。
 次に、重信事業場専任安全衛生管理者の浜井盟子安全衛生管理室長が「愛媛大学における安全衛生管理の実務2018」と題して講演を行いました。労働安全衛生法が適用された法人化以降15年間の出来事を振り返りながら、安全衛生管理の現状と課題に触れ、法令を遵守するだけでなく、これからは管理部局と連携した、先取り型の安全衛生管理となることを期待したいと述べました。
 最後に、参加者全員が自己紹介と講演の感想や、普段行っている安全衛生管理業務等についてコメントし、拍手で締めくくりました。
 安全環境課では、今後も衛生管理有資格者を対象としたスキルアップ講習会を開催し、職場に潜む労働衛生上の問題点に関して適切な対応ができるよう一人ひとりの意識強化を図っていきます。

<安全環境課>