受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
教育 研究 国際 学生 投稿日:2019.05.20
平成31年度愛媛大学大学院連合農学研究科入学式を挙行しました【4月12日(金)】

 平成31年4月12日(金)愛媛大学大学院連合農学研究科入学式を愛媛大学農学部大会議室にて挙行し、留学生5人(タイ3人、バングラデシュ1人、トルコ1人 )を含めた14人が入学しました。

 式では、香川大学筧善行学長が、「日々研鑽を積まれ、最新の専門知識・技術を修得するとともに、定説を覆すような革新的な研究に果敢にチャレンジしていただきたいと思います」と新入生への期待を込めたメッセージを送りました。

 これに対し、新入生を代表して香川大学配属の鈴木大介さんが、「私たちが志す農学は、人類の豊かな生活の維持、向上に寄与すると共に、環境の改善や生態系の保全が期待される学問領域です。そのため、我々の研究活動が地域社会や国際社会に及ぼす影響の大きさと、公正な研究活動の大切さを理解しなければなりません。研究を志す我々は、この責任の重さを自覚し、各々の持つ課題に積極果敢に取り組み、不屈邁進の精神を持って成し遂げ、地域社会、国際社会に貢献できる研究者を目指します」と宣誓しました。

 

 式典終了後、出席者と入学生の指導教員も加わり、記念撮影を行いました。入学式当日は晴天に恵まれ、新入生一同晴れやかな表情で写真撮影を行い、これからの学生生活への期待がうかがえました。

<連合農学研究科>