受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2020.06.02
海産の二枚貝から新たに生物蓄積性化合物を発見!

ポイント

  • 先端質量分析機器を駆使した既知・未知有機ハロゲン化合物の網羅的スクリーニング
  • 未知物質を含む多様な有機ハロゲン化合物の起源解析と生物蓄積性の評価

概要

広島湾のイガイと堆積物に残留する既知・未知の有機ハロゲン化合物をスクリーニングした結果、未知のミックスハロゲン化合物が沿岸域に遍在し、残留性有機汚染物質と同等の高い生物蓄積性を示すことが本研究で明らかとなりました。

「Environmental Science & Technology」の表紙
 ©American Chemical Society

プレスリリース資料はこちら(PDF 1,343KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

愛媛大学沿岸環境科学研究センター 教授 国末達也

Tel
089-927-8162
Mail
kunisue.tatsuya.ew@ehime-u.ac.jp