受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2020.07.08
腹膜転移を有する膵がんに対する腹腔内投与併用療法の多施設共同臨床試験を実施- 膵がん腹膜転移の患者さんに希望の光を 新しい治療法の挑戦へ –

概要

関西医科大学外科学講座里井 壯平(さとい そうへい)診療教授(研究代表者)、名古屋大学大学院医学系研究科消化器外科学の小寺泰弘(こでら やすひろ)教授、山田 豪(やまだ すぐる)講師、富山大学の藤井 努(ふじい つとむ)教授らを中心とした研究グループ(東北大学、北海道大学、広島大学、愛媛大学を含む7大学)は、腹膜転移※1を伴う膵がん(ステージ4)に対してゲムシタビン・ナブパクリタキセル※2療法に加え、パクリタキセル※3の腹腔内投与を併用するというオリジナルの治療法を考案し、国内で多施設共同臨床試験を実施しました。ステージ4の膵がんに対してはゲムシタビン・ナブパクリタキセル療法が標準治療とされていますが非常に生命予後が厳しいため、これに加え、患者さんに腹腔ポートを造設してパクリタキセルを直接腹腔内に投与する治療法です。Phase Iとしてこれらの抗がん剤の用量規制毒性※4を評価して推奨用量を設定した後、Phase IIとして46名の患者さんが登録されました。この臨床試験の主要評価項目は1年全生存割合であり、副次評価項目は抗腫瘍効果、症状緩和効果、安全性、全生存割合が評価されました。治療成功期間※5中央値は6.0ヶ月であり、治療奏功率※6は49%、病勢コントロール率※7は95%と非常に高い治療効果が得られました。がん性腹水は40%の患者さんで消失し、陽性であった腹水のがん細胞は39%で陰性になりました。生存期間中央値は14.5ヶ月、1年全生存割合は61%でした。従来、腹膜転移を伴う膵がん(ステージ4)は手術を行うことが困難でしたが、この治療法によって腹膜転移が消失して最終的に膵がんの切除まで行えた患者さんは17%であり、切除できなかった患者さんと比較して明らかに生存成績は良好でした。この治療法の血液学的な副作用は76%、非血液学的な副作用は15%と高めでしたが、治療中に大きなトラブルなく管理できました。以上の結果から、これまで有効な治療法がなかった腹膜転移を伴う膵がん(ステージ4)に対して、ゲムシタビン・ナブパクリタキセル療法とパクリタキセル腹腔内投与併用療法は有望な治療法であると考えられ、難治性膵がんの治療成績を向上させることが期待されます。

本研究成果は、2020年7月8日付(日本時間13時)国際科学雑誌 British Journal of Surgery に掲載されました。

プレスリリース資料はこちら(PDF 704KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

愛媛大学医学部附属病院肝臓・胆のう・膵臓・移植外科 講師 坂元 克考

Tel
089-960-5327
Fax
089-960-5329
Mail
sakamoto.katsunori.gq@ehime-u.ac.jp