アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2021.03.31
愛媛大学と大日本住友製薬による新規マラリア感染阻止ワクチン開発に関わるGHIT Fundからの助成決定

概要

国立大学法人愛媛大学プロテオサイエンスセンター(センター長:坪井 敬文、以下「愛媛大学」)と大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:野村 博)は、米国PATHと3者共同で進めている「新規マラリア感染阻止ワクチンの非臨床開発プロジェクト」(以下、「本プロジェクト」)がこのたび、公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(日本、Global Health Innovative Technology Fund、以下「GHIT Fund」)の助成案件に選定されましたので、お知らせします。愛媛大学と大日本住友製薬は、マラリア発病阻止ワクチンおよびマラリア伝搬阻止ワクチンについても共同研究を実施しており、それぞれの研究がGHIT Fundの助成案件として選定されています。

本プロジェクトの対象となるワクチン製剤(以下、「本剤」)は、PATHが保有する高品質な新規熱帯熱マラリア抗原(flCSP)と、大日本住友製薬が持つ新規ワクチンアジュバント(TLR7アジュバント:DSP-0546E)で構成されており、蚊からヒトへの原虫感染サイクルを断つことができるマラリア感染阻止ワクチン候補製剤です。本剤が上市されれば、次世代感染阻止ワクチンとして、マラリア撲滅に向けた切り札となる可能性があります。

マラリアは、蚊で媒介される寄生虫病で、死亡者数は2005年頃から減少傾向に転じましたが、2019年には依然として世界で2億人以上がマラリアに罹り、死亡者数も40万人以上に及んでいます(出典「World Malaria Report 2020」)。マラリア対策の切り札としてワクチン開発がこの40年間以上取り組まれてきましたが、蚊からヒトへの感染を防ぐ第一世代のマラリアワクチンRTS,S/AS01によってマラリア患者が約40%減少し、また重症マラリア患者は約30%減少しましたが、より有効な次世代マラリアワクチンが切望されています。

本プロジェクトは、2021年4月から1年6ヶ月の間、PATHが代表者としてプロジェクト全体を管理し、抗原タンパク質の提供、比較対照としてのRTS,S/AS01ワクチンの提供、非臨床試験のデータ解析を担当します。愛媛大学は本剤が誘導する抗体の機能評価を、大日本住友製薬はアジュバント製剤の提供や非臨床評価を担当します。3者は、本プロジェクトの終了後に、本剤の前臨床試験を開始する予定です。

愛媛大学は、本プロジェクトを成功させることにより、画期的なマラリア感染阻止ワクチンの実現に向けた開発を推進し、グローバルヘルスの最重要課題の一つであるマラリア対策に貢献できることを期待しています。

大日本住友製薬は、愛媛大学およびPATHの共同研究にて得られた新規マラリアワクチン抗原および大日本住友製薬の持つ革新的な免疫アジュバント技術を活用して、新規マラリア感染阻止ワクチンの研究開発を行うことにより、グローバルヘルスに貢献することを目指します。

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 2,212KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

愛媛大学プロテオサイエンスセンター 寄生病原体学部門 准教授 石野 智子

Tel
089-960-5288
Fax
089-927-8528