アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2021.06.25
近赤外光を吸収する大環状芳香族の合成~9個のピロールで構成される拡張ポルフィリノイドの選択的合成~

ポイント

  • 近赤外光を吸収する新たな大環状芳香族化合物の合成に成功しました。
  • 含窒素複素環であるピロールが環状につながって全体として芳香族性を示す分子のうち、これまでに知られていた6~8および10個のものに加えて、9個のピロールで構成される分子を初めて選択的に合成しました。
  • X線結晶構造解析を用いて分子構造を、紫外可視近赤外分光法、磁気円偏光二色性分光法、分子軌道計算により電子構造を明らかにしました。

概要

愛媛大学大学院理工学研究科 奥島鉄雄准教授、宇野英満教授らの研究グループは、信州大学の小林長夫特任教授と共同で、ピロール-ピロール直接結合のみで構成された環拡張ポルフィリンであるシクロ[9]ピロールの選択的合成に成功し、その分子構造、光学特性及び電子構造を明らかにしました。

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 629KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

大学院理工学研究科 奥島鉄雄、宇野英満

Tel
089-927-9615
Mail
okujima.tetsuo.mu@ehime-u.ac.jp