受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2017.09.06
【9月17日、10月1日】小中学生が「ロボット制御や自動車の自動運転制御」に挑戦!

 愛媛大学は、国立研究開発法人科学技術振興機構の次世代科学者育成プログラム事業として、中学生を対象に「科学イノベーション挑戦講座」を4年間実施してきました。ジュニアドクター育成塾事業は、次世代科学者育成プログラム事業の発展版にあたります。
 今回、ジュニアドクター育成塾事業に参加する小中学生36人が、プログラミングの基礎を学び、ロボット制御や自動車の自動運転制御に挑戦します。この事業は、松山から始まったプログラミング学習塾テックプログレス社との協働で行われるものです。企業と大学が一体となって、地域をあげて次世代の日本を担う理系人材育成を育成していきます。子どもたちが試行錯誤し楽しみながら学び未来に向かって羽ばたく様子をお伝えください。

日時

平成29年9月17日(日)8時30分~12時30分 タイトル「ロボットプログラミング基礎」
平成29年10月1日(日)8時30分~12時30分 タイトル「自動運転自動車を作ろう」

場所

愛媛大学教育学部本館2階 会議室

参加者

ジュニアドクター育成塾事業受講生 36人

駐車場


報道機関の方で、車で取材に来られる場合は、正門警備員室で会社名等をご記入の上、来客用駐車場を利用してください。

※プログラムの概要及び取組状況等の詳細は、プレスリリース資料をご参照ください。

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 584KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

教育学部理科教育専修 准教授 大橋 淳史

Tel
089-927-9434
Mail
aohashi@ed.ehime-u.ac.jp