受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2017.12.08
【12月16日】脳が喜ぶ!心が笑う!“臨床美術”活動体験「臨床美術体験 in 附属特別支援学校」を開催

 臨床美術とは認知症や高齢者の介護予防を目指して開発された脳の活性化を図る創作活動であり、発達に課題のある子どもへの療育としても注目されています。

 このたび、愛媛大学教育学部特別支援教育講座では、「臨床美術体験in 附属特別支援学校」を下記のとおり開催します。
 このイベントは、臨床美術士 松嵜ゆかり先生・森本和江先生他をお招きし、特別支援学校の子どもたちが感覚を豊かに使いながら創作活動を行う臨床美術活動を実施するものです。
 また、愛媛大学で特別支援教育を学ぶ学生も参加し、一緒に楽しみながら学習支援を行います。

日時

平成29年12月16日(土)10:00~11:30

タイトル

「臨床美術体験 in 附属特別支援学校」

講師

臨床美術士 松嵜ゆかり先生・森本和江先生 他

場所

愛媛大学教育学部附属特別支援学校職員室

参加者

上記学校に在籍する臨床美術に興味のある児童生徒 10人
愛媛大学特別支援教育講座学生 10人

駐車場

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 193KB)