アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
その他 投稿日:2019.11.01
衛生管理者スキルアップ研修を開催しました【10月4日(金)】

 令和元年10月4日(金)愛媛大学本部で、衛生管理者スキルアップ研修を開催しました。

 この研修は、本学で安全衛生業務に携わっている衛生管理者(第一種及び衛生工学衛生管理有資格者)を対象に、平成24年度から実施しているものです。本学では、現在約390人の有資格者が安全衛生管理業務に関わっており、今回は15人が受講しました。
 始めに、全学総括安全衛生管理者の宇野英満理事から受講者に向けて、免許だけではなく、法令の改正等の知識についても身につけて、今後の職場巡視等に役立てて欲しいと挨拶がありました。
 続いて、愛媛産業保健総合支援センター産業保健相談員の臼井繁幸氏が「労働衛生に関する法令と衛生管理者の役割」と題して講演を行いました。衛生管理者に求められる役割が有害物質への健康障害対策から、メンタルや過重労働にいたるまで幅広く拡大化され、それにともなう法令改正が行われてきていることについて、詳しく説明がありました。
 次に、重信事業場専任安全衛生管理者の浜井盟子安全衛生管理室長が「愛媛大学における安全衛生管理の実務2019」と題して講演を行いました。2019年4月1日からスタートした「働き方改革」の内容や、改革に至った背景について、また、大学組織として健康で働きやすい環境を目指すため、情報システム化の展望について説明がありました。これからは、法令遵守だけでなく、管理部局と連携することにより、安全で安心な就学・研究環境となっていくことを期待したいと述べました。
 最後に、参加者全員が自己紹介と講演の感想や、普段の安全衛生管理業務についてコメントし、拍手で締めくくりました。
 安全環境課では、今後も衛生管理有資格者を対象としたスキルアップ講習会を開催し、職場に潜む労働衛生上の問題点に関して適切な対応ができるよう一人ひとりの意識強化を図っていきます。

<安全環境課>