受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
研究 学生 投稿日:2019.11.08
農学部4年生の小澤京平さんが「農業食料工学会関西支部142回例会」において学生プレゼンテーション賞を受賞しました【10月4日(金)】

 令和元年10月3日(木)~4日(金)株式会社クボタ堺製造所で開催された農業食料工学会関西支部142回例会において、農学部食料生産学科植物工場システム学コース4年生の小澤京平さんが学生プレゼンテーション賞を受賞しました。
 小澤さんと社会連携推進機構植物工場センターの有馬誠一教授と大学院農学研究科の上加裕子准教授は、「太陽光植物工場における生産性向上のためのマルチオペレーションロボットの開発 – キュウリ収穫ユニットの果実認識機構改善-」という課題で発表を行いました。
 小澤さんらの研究結果により、キュウリ生産現場での重労働となる収穫作業の省力化を目指し、距離センサによる果実認識機構の改善を行い、センサ数の削減および作業精度・作業速度の向上を実現しました。

<農学部>