受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
教育 研究 国際 学生 投稿日:2016.04.20
平成28年度愛媛大学大学院連合農学研究科入学式を挙行しました【4月11日(月)】

 平成28年4月11日(月)、農学部大会議室で、本学、香川大学及び高知大学の関係者の出席の下、平成28年度愛媛大学大学院連合農学研究科入学式を挙行しました。今年度の入学生は、留学生7人(バングラデシュ3人、タイ 3人、中国1人)を含めた計24人です。

 最初に学長、役職員等の紹介があり、次に入学生全員の紹介がありました。続いて、香川大学の長尾省吾学長が、「皆さんには、本研究科において、日々研鑽を積まれ、最新の専門知識・技術を習得するとともに、定説を覆すような革新的な研究に果敢にチャレンジしていただきたい。本研究科を構成する3大学は、それぞれが立地する地域や世界各地の大学・研究機関との教育研究における交流や連携を活発に行っています。この知的ネットワークを最大限活用して、多様な社会との繋がりを広げ、専門人材としての見識を深めてください。今後の皆さんの一層の発展とご健勝を祈念します。」と、式辞を述べました。
 それに応え、入学生を代表して、新谷知也さんからの新入生代表のあいさつがありました。「博士課程に入学する私たちは、科学に立脚して生きる知恵と知識を身につけ、広い視野を持ち、独自性に富んだ研究・開発に励み、国際社会・地域社会に貢献できるよう努力いたします。国籍や年齢、性別やバックグラウンド等にとらわれず、すべての学生が自らの可能性にチャレンジする、そのような学生生活を目指します。」と宣誓しました。

 入学式終了後に行われたオリエンテーションでは、留学生が日本に滞在する上での注意事項、証明書交付手続、連大の制度・学位取得要件、カリキュラム・履修関係等についての説明がありました。また、SUIJI推進室からはSUIJIジョイント・ディグリー・ドクター・プログラムの説明がありました。

 

愛媛大学大学院連合農学研究科入学式学長式辞はこちら
入学生代表宣誓書はこちら