アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
その他 投稿日:2020.03.10
安全衛生講演会を開催しました【2月18日(火)】

 令和2年2月18日(火)、愛媛大学本部棟第2会議室で安全衛生講演会を開催しました。
 この講演会は、本学構成員の「心の健康づくり計画」の一環として、安全衛生全学委員会と総合健康センター及び就業環境推進室が共同開催したもので、教職員約30人が参加しました。
 はじめに、就業環境推進室の高木副室長から、講師の愛媛産業保健総合支援センター、メンタルヘルス対策促進員田中朋子氏の紹介があり、「セルフケアについて~ストレスチェック制度と職場環境改善~」と題し、講演がありました。
 まず、2015年12月から事業者に義務付けられた「ストレスチェック制度」は、一次予防が目的で、自分の状況を知ってセルフケアすることと、集団分析を行い職場環境改善に役立てることにあると、説明がありました。また、対人関係がストレスの要因となることが多い中、セルフケアのポイントとして、自分の思考・感情・行動パターン等、心の癖を知ることが重要と述べられ、実際に自分の目的タイプの違いが「証明型」と「習得型」のどちらに該当するのか、スコア計算を行いました。さらに、コミュニケーション能力を身に着けることにより、他者との関わりの中で、代替案の存在に気づけたり、サポートを求めたりできるようになり、ストレスを軽減できるとの説明もありました。最後に、効果的なセルフケアを行うことで、自分の持っている能力をより良く、ふんだんに発揮できるようになっていただきたいと述べ、講演を締めくくりました。
 講演終了後、講師へ向け感謝の気持ちを込めて参加者が拍手を送りました。

<安全環境課>