受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
学生 大学からのお知らせ 投稿日:2020.06.17
「愛媛大学緊急支援給付金」の選考結果について

1.応募者数と給付決定者数

   応募者数:1,219名   給付決定者数:753名

2.財源

  「愛媛大学基金」

3.給付の経緯等

◯全学アンケートによる学生・大学院生の実態把握
 4月27日~29日にかけて、全学生・大学院生(留学生を含む)を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大による生活への影響を把握するため緊急調査を実施し、5,649名から回答を得ました。

◯アンケート集計結果
 アンケートの結果、家計支持者が失職した、仕送りが減った、アルバイト収入が大幅に減少した等、多くの学生の学生生活に経済的影響が出ていることがわかりました。特に、回答者数の約9%に当たる514名の学生が、家賃や生活必需品の購入や食費に困る状況、あるいは学業継続も難しくなっていると訴えていたことを深刻に受け止め、早急な対策が必要であると判断しました。

◯「愛媛大学緊急支援給付金」の創設
 この結果を受け、5月7日に愛媛大学基金を活用した「愛媛大学緊急支援給付金」を創設し、緊急支援が必要な学生に対して一人あたり30,000円の緊急支援給付金の給付を行うことを決定しました。

◯全学生・大学院生への周知
 5月8日より募集を開始し、全学生・大学院生に修学支援システムのメールで連絡し、ホームページでも公表するなど周知を図った結果、5月15日の締切までに1,219名の学生から応募がありました。

◯給付対象者の決定と給付
 愛媛大学基金に寄せられた方々の浄財を使用させて頂くこと、また、第二次募集の可能性もあることから、応募者の申請内容等について慎重な審査を行い、受給者753名を決定し、5月29日に給付することができました。(一部口座情報等の不備により振込が遅れている者がいます。)

 以上のように、本学は学生・大学院生の生活実態を把握したうえで、緊急に財源を確保して、可能な限りの生活支援を迅速に行ってきましたが、今後も、国の施策である特別定額給付金や「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』等の給付状況も勘案しながら、愛媛大学基金等を活用して、引き続き学生に対し必要な支援を行っていきます。

 

 本学において、経済的に困窮している学生に対し充分な対策を施し、継続的な支援を行うためには、安定した財政基盤の構築と基金の拡充が必要で、皆様からの御支援が不可欠でございます。つきましては、下記により、可能な範囲で御支援を賜りたく、よろしくお願いいたします。

愛媛大学基金ホームページ  
新型コロナウイルス感染症対策に伴う『愛媛大学基金』への御支援について(お願い)