受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
研究 投稿日:2020.10.13
GRCの入舩徹男センター長が応用鉱物科学賞を受賞しました【9月18日(金)】

 地球深部ダイナミクス研究センター(GRC)の入舩徹男センター長・教授が、応用鉱物科学賞に選出され、令和2年9月18日(金)にオンラインで開催された日本鉱物科学会総会において賞状・副賞が授与されました。
 応用鉱物科学賞は、鉱物科学の応用研究分野で顕著な研究業績をあげた者1名に、日本鉱物科学会から授与されるものです。受賞題目は「ナノ多結晶ダイヤモンドの合成とその多様な科学研究・新材料創製への応用」であり、入舩教授が取り組んできたナノ多結晶ダイヤモンド(ヒメダイヤ)の合成と応用、また超高圧合成法を利用した多様な「透明ナノセラミックス」の合成が高く評価されたものです。

 日本鉱物科学会は、それぞれ長い歴史を持つ日本鉱物学会と日本岩石鉱物鉱床学会が統合されて平成19年に設立されました。入舩教授は平成10年に統合前の日本鉱物学会賞を受賞しており、初の学会賞と応用鉱物科学賞両賞の受賞者となります。

(左から)賞状、副賞のヒスイ(同学会により日本の国石に指定)製印鑑、入舩センター長のグループにより合成された「透明ナノ多結晶ヒスイ」

参考HP

日本鉱物科学会(JAMS)
地球深部ダイナミクス研究センター(GRC)

<地球深部ダイナミクス研究センター>