アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
教育 研究 学生 投稿日:2021.01.06
大学院理工学研究科の満圭祐さんが第61回高圧討論会でポスター賞を受賞しました【12月2日(水)~4日(金)】

 令和2年12月2日(水)~4日(金)に開催された日本高圧力学会主催の第61回高圧討論会で、GRC(地球深部ダイナミクス研究センター)教員が研究指導にあたる、大学院理工学研究科博士前期課程2年生の満圭祐さんがポスター賞を受賞しました。

 高圧討論会は、日本高圧力学会が主催する高圧力を手段として用いる物理、化学、地球科学、材料科学、生物科学などの広範な分野の会員による研究発表会で、第61回目を迎える本年度はオンラインで開催されました。同学会では学生によるポスター発表者を対象に、物理系、化学・材料系及び生物・食品系、地球惑星系の3分野からそれぞれ1~2人がポスター賞に選出されます。

 今回の討論会では、ポスター賞にエントリーした学生発表38件の中から、参加者の投票により5人の発表者が賞に選ばれ、愛媛大学からは、満さん(指導教員:GRC 入舩徹男教授)が化学・材料系分野において受賞しました。発表タイトルは「高温高圧下におけるjadeiteガラス弾性波速度変化とナノ多結晶化過程」で、ヒスイ輝石(jadeite)組成ガラスの結晶化に伴う弾性波速度測定と合成実験の結果に基づき、jadeiteのナノ多結晶化過程についての発表を行いました。

 受賞者の満さんには、討論会3日目に開催された同学会総会において、賞状と副賞が授与されました。

 

参考HP

日本高圧力学会HP
愛媛大学地球深部ダイナミクス研究センター(GRC)HP

<地球深部ダイナミクス研究センター>