アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
その他 投稿日:2021.06.16
令和3年度高圧ガス保安教育講習会を開催しました【6月10日(木)】

 令和3年6月10日(木)、学生及び教職員約230人の参加を得て、高圧ガス保安教育講習会を開催しました。
 この高圧ガス保安教育講習会は、法令により高圧ガスの取扱者に対する保安教育として受講が義務づけられているもので、高圧ガスの取扱経験3年未満の教職員及び学生等を対象として企画したものです。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンライン同時配信形式での実施となりました。

 はじめに、愛媛大学学術支援センターの鎌田浩子技術専門員から、高圧ガス保安法をはじめ高圧ガスに関する法令及び本学の高圧ガス設備の取扱方法、運搬時の注意点等に関して説明がありました。
 続いて、四国大陽日酸の坂本一仁氏から、高圧ガスの概要、物性・特性、高圧ガス容器等の安全な取扱い方法等、基本的な情報の解説の後、特に高圧ガスを取り扱う注意点について、過去の事故事例の紹介を交えながら具体的な説明がありました。
 最後に、高圧ガス適正管理分科会の谷弘幸分科会長から、受講者に対して「今回の講習は全て重要な内容でした。今日聞いた内容を元に、自分が取り扱う高圧ガスの危険性を十分に理解し、安全な取扱いに留意した上で、事故のないよう研究や実験を進めていただきたい」と挨拶がありました。

 安全環境課では、今後も教職員及び学生を対象とする安全衛生等に関する講演会を開催し、本学構成員のリスク管理に対する意識向上を図っていきます。

<安全環境課>