アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
教育 研究 地域 医療 投稿日:2021.10.06
愛媛大学大学院医学系研究科、愛媛県立衛生環境研究所、愛媛県立医療技術大学、岡山理科大学獣医学部が連携協定を締結しました【10月1日(金)】

 令和3年10月1日(金)、愛媛大学医学部にて、愛媛大学大学院医学系研究科、愛媛県立衛生環境研究所、愛媛県立医療技術大学及び岡山理科大学獣医学部の4機関における「愛媛県における次世代感染症医療・研究人材の養成に関する包括的連携・協力に関する協定」の記者説明会・調印式を行いました。

 記者説明会・調印式には、愛媛大学大学院医学系研究科の山下政克研究科長、愛媛県立衛生環境研究所の四宮博人所長、愛媛県立医療技術大学の安川正貴学長、岡山理科大学獣医学部の吉川泰弘学部長が出席しました。

 記者説明会では、まずはじめに、山下研究科長から4機関を代表して挨拶があり、引き続き安川学長から連携協定に関する概要の説明がありました。その後、四宮所長及び吉川学部長から挨拶がありました。

 引き続き行った調印式では、山下研究科長、四宮所長、安川学長及び吉川学部長が協定書に署名しました。

 本協定は、愛媛県における次世代感染症医療人材・研究人材の養成と、ワンヘルス感染症研究の推進について、互いに連携・協力することを目的に締結されたもので、今後は、本連携協定を通じて、愛媛県の感染症対策・診療、研究、人材育成、地域貢献に取り組んでいく予定です。

<医学部>