アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
国際 投稿日:2021.10.15
インドネシア共和国の駐日特命全権大使ご夫妻及び在大阪総領事ご一行が学長を表敬訪問されました【10月7日(木)】

 令和3年10月7日(木)、インドネシア共和国のヘリ・アフマディ駐日特命全権大使ご夫妻及びディアナ・エミラ・サリー・スティクノ在大阪総領事ご一行が来学され、仁科弘重学長を表敬訪問されました。 

 最初に、仁科学長から、平成24~28年度に文部科学省の「大学の世界展開力強化事業」に採択されていたSUIJIプログラム(日本・インドネシアの農山漁村で展開する6大学協働サービスラーニング・プログラム)をはじめ、インドネシアと愛媛大学の間には学生交流や共同研究における歴史があるが、今後は、両国間の産学連携を含む多方面での連携も強化していきたいと挨拶がありました。次に、ヘリ・アフマディ大使から、これまでの日本・インドネシア間の積極的な交流と、コロナ禍での訪問受入に対する謝辞の後、今後も両者の関係をより強固なものにしていきたいと挨拶がありました。また、大使から、インドネシア学生の学びの場を広げるための新たなプログラムについて紹介がありました。このプログラムは、国内外の他大学で学んだりインターンシップを行うインドネシア学生に単位を認定し、条件を満たせば奨学金も与えるというものです。このプログラムを積極的に活用し、より多くのインドネシア学生にSUIJIプログラムをはじめとする愛媛大学との交流や研究の機会を与えたいと高い意欲を述べられました。その後の意見交換においても、このプログラムに関する質問や説明があり、本学の出席者は強い関心を寄せていました。

 愛媛大学は、1日も早い海外渡航・渡日の再開を願いつつ、オンラインを取り入れながら、withコロナ時代に即した持続的な交流を積極的に推進してまいります。

 

<国際連携課>