アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
教育 投稿日:2021.10.19
令和3年度第1回愛媛大学教育コーディネーター研修会を開催しました【9月29日(水)】

 令和3年9月29日(水)、令和3年度第1回教育コーディネーター研修会を開催しました。今年度第1回となる今回は、オンライン形式で開催し、教育コーディネーター、各学部でカリキュラム編成や評価を担当する教職員など約100人が参加しました。

 最初に、教育企画室の中井俊樹室長から、令和3年度教育コーディネーター研修会の概要説明、今年度のテーマになっているアセスメントプランなどの説明がありました。
 次に、仁科弘重学長から「第4期中期目標期間において愛媛大学が目指すべきもの」と題して、全世代対応型の「地域における知の拠点」としての多機能化についてなど、本学の目指す方向性が示されました。
 その後、教育企画室の竹中喜一講師から、学修成果の評価の意義と方法について学修成果の評価が必要な背景や意義、アセスメントプランの策定方法など、他大学の事例を紹介しながら説明がありました。参加者は、これまで実施してきた内容について振り返るワークを用いながら学んでいきました。
 最後に、教育・学生支援機構の八尋秀典機構長から、次年度以降も含めて、今後、学部・学科内等での対話を進めながら、学生のためにアセスメントプランの検討を進めてほしいとの挨拶がありました。

 今年度の教育コーディネーター研修会では、全学レベルのアセスメントプラン及び学位プログラムレベルのアセスメントプランの検討を進めることとしています。

<教育企画課>