受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
国際 投稿日:2015.03.18
SUIJIジョイントディグリー・マスター・プログラム第三期生を受け入れました【3月11日(水)】
block_66087_01_M

記念写真

 平成27年3月11日(水)、SUIJIジョイントディグリー・マスター・プログラム第三期生を受け入れました。本学では、日本とインドネシアの6大学(本学、香川大学、高知大学、ガジャマダ大学、ボゴール農業大学、ハサヌディン大学)で構成するSUIJIコンソーシアム(Six-University Initiative Japan Indonesia)の下、さまざまな共同研究・共同教育を展開しています。本学の大学院農学研究科修士課程におけるSUIJIジョイントディグリー・マスター・プログラム(略称SUIJI-JDP-Ms)はその一つです。
 本年度は、SUIJI-JDP-Ms第三期生として、インドネシアのガジャマダ大学とハサヌディン大学から下記4人の学生を受け入れました。

・アムリ アマナー(ガジャマダ大学、受入指導教員 農学部生物資源学科 荒木 卓哉准教授)
・ヌハック ヌフィタ サリ(ガジャマダ大学、受入指導教員 農学部生物資源学科 当真 要准教授)
・リオ アディティヤ クルニアワン(ガジャマダ大学、受入指導教員 農学部生物資源学科 三浦 猛教授・南予水産研究センター
・アンディ ヌルール ムフリサ(ハサヌディン大学、受入指導教員 農学部生物資源学科 中安 章教授)

 学生たちは、オリエンテーションで、愛媛での生活やキャンパスのルールなどについて説明を受け、研究室でのウェルカムパーティーに参加しました。3月12日(木)から、受入れ指導教員のもと、学習・研究を開始し、10月末または平成28年2月末まで研究活動を続けます。