受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
研究 学生 投稿日:2017.12.25
大学院理工学研究科生産環境工学専攻修士課程2年の吉本慎吾さんと工学部機械工学科4年の川口貴弘さんが62nd FRP CON-EX 2017で優秀ポスター賞を受賞しました【11月13日~14日】

 平成29年11月13~14日に福島県福島市で開催された、一般社団法人強化プラスチック協会主催の62nd FRP CON-EX2017講演会(*1)において、大学院理工学研究科生産環境工学専攻修士課程2年の吉本慎吾さんと機械工学科4年の川口貴弘さんがポスター発表を行い、優秀ポスター賞を受賞しました。吉本さんは、超音波を用いた炭素繊維複合材料の成形状態監視技術(*2),川口さんは、炭素繊維複合材の超音波熱画像を利用した検査技術に関する研究(*3)を行っており、それらの研究に関するポスター発表が優れていると評価され今回の受賞に至りました。
*1 FRP CON-EX(エフアールピーコネックス)は、FRP(繊維強化プラスチック)業界の活性化を狙い、FRPの過去を顧み、将来を見据えた講演会・参考展示会です。
*2吉本慎吾,水上孝一,黄木景二,「超音波ガイド波測定によるCFRPの硬化モニタリング」
*3川口貴弘, 水上孝一,「CFRPの端部はく離の検出のための局所欠陥共振法」

左から受賞した川口さん、吉本さん

左から受賞した川口さん、吉本さん