受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
国際 医療 投稿日:2018.02.19
大学院医学系研究科医学専攻地域小児・周産期学講座の檜垣高史教授が、モンゴル国立医科大学から「名誉教授」の称号を授与されました。【1月30日(火)】

 平成30年1月30日(火)、大学院医学系研究科医学専攻地域小児・周産期学講座の檜垣高史教授が、モンゴル国立医科大学から「名誉教授」の称号を授与されました。
 本学は、徳島大学と共同でJICAより「モンゴル国日本モンゴル教育病院運営管理および医療サービス提供の体制確立プロジェクト」を受託し、モンゴル初の教育病院における体制確立への支援を行っています。
 本プロジェクトでモンゴルを訪れていた大学院医学系研究科医学専攻地域小児・周産期学講座の檜垣高史教授が徳島大学病院産科婦人科の苛原稔教授(大学院医歯薬学研究部長)とともに、モンゴル国立医科大学より名誉教授の称号を授与されました。
 今回の称号授与は、苛原教授、檜垣教授の長年にわたるモンゴルにおける診療活動と交流及びJICAプロジェクトでの貢献を高く評価いただいたものです。また、檜垣教授はモンゴル国が外国人に授与する最高位の勲章である「北極星勲章」も受勲しており、モンゴル国立医科大学と本学は2015年度に学術交流協定を締結しています。
 本学は、今後もプロジェクトを通して国際貢献に取組んで参ります。

<医学部>