受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
教育 研究 地域 学生 投稿日:2018.07.20
教育学部で小中学生を対象とした「グラフィックレコーディング講座」を開催しました【7月15日(日)】

  平成30年7月15日、株式会社ディー・エヌ・エーのUI/UXデザイナー和波里翠氏を講師としてお招きし、愛媛大学ジュニアドクター育成塾第2テーマ「『頭の中』を『見える化』しよう! 〜グラフィックレコーディング講座〜」を実施しました。
 グラフィックレコーディング(以下、グラレコ)とは、議論をグラフィックと文字で可視化する、新しいコミュニケーションツールです。グラレコで自分の考えを明確にして情報を可視化することで、異なるバックグラウンドをもつ者同士のコミュニケーションが容易になるため、企業でも注目される手法です。
 グラレコでは、絵を描くことが重要ですが、絵の上手い下手は問われません。相手に伝えるためには何が必要なのかについて、受講生42人とその保護者合わせて80人は、描くときの基本から体験しました。そして、最後に受講生の未来像と保護者が考える受講生の未来像についてまとめました。

※この模様は、愛媛新聞の2018年07月16日付9ページ「思考を可視化 方法を学ぶ」、愛媛CATVにて報道されました。
愛媛新聞掲載記事はこちら(PDFファイル 426KB)