受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
地域 投稿日:2018.08.30
愛媛大学社会連携フォーラム2018~愛媛大学における地域専門人材育成とリカレント教育の展開~を開催しました【8月2日(木)】

 平成30年8月2日、南加記念ホールにて、社会連携推進機構が「愛媛大学社会連携フォーラム2018~愛媛大学における地域専門人材育成とリカレント教育の展開~」を開催しました。
 このフォーラムは、今後の「人生100年時代」を迎えるにあたり、産学連携・地域連携による地方創生のためのリカレント教育の方向性を探り、本学のリカレント教育の在り方と、それを推進していく中での社会連携推進機構が果たす役割について議論するために開催したもので、愛媛県を始め県内の市町や企業・団体の職員など、学内外から200人を超える参加がありました。
 まず、大橋裕一学長から、「愛媛大学は、第3期中期目標期間において『輝く個性で地域を動かし世界とつながる大学』を創造することを理念とし、『地域を牽引し、グローバルな視野で社会に貢献する教育・研究・社会活動を展開する。』というビジョンを掲げております。『地域専門人材育成とリカレント教育』は、まさに、そのビジョンを達成するための極めて重要な活動の1つであり、本フォーラムは、国、文部科学省が推進しようとしている『リカレント教育』『社会人再教育』に対して、地域にある国立大学として本学の個性と強みを活かしてどのように取り組んでいくべきかといった方策などを、皆様とご一緒に考えさせていただく貴重な場であり、その成果に大いに期待しているところです。」との挨拶がありました。
 次に、仁科弘重理事・副学長、社会連携推進機構長から、本フォーラムを開催した趣旨として、本学の「地域密着型センターの展開」及び現在開講されている「リカレント教育」について概説した後、また、「リカレント教育プログラム」のカテゴリー化、プログラムが扱う分野の広さと受講者数との関係及び今後の課題について発言がありました。
 続いて、文部科学省高等教育課 中湖博則課長補佐による「人生100年時代におけるリカレント教育への期待」と題した特別講演では、「リカレント教育を取り巻く現状」と「今後の施策の方向性」について説明がありました。
 引き続き、リレー紹介「愛媛大学における産学連携・地域連携型リカレント教育の実際」として、本学で開講されている8つの講座・プログラムの紹介がありました。
 その後、「愛媛大学における地域専門人材育成とリカレント教育の方向性」と題して、社会連携推進機構 治多伸介副機構長をファシリテーターとし、8つのリカレント講座の教員によるパネルディスカッションが行われました。パネルディスカッションでは、それぞれの現状や諸課題が紹介された後、最後に、今後の展望として、異なる分野における連携、文理の連携等について言及されました。
 参加者たちは、熱心に耳を傾け、リカレント教育における国の方向性及び現在の愛媛大学のリカレント講座について認識し、今後の展望を共有する有意義なフォーラムとなりました。

<社会連携課>