アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
研究 学生 投稿日:2020.12.23
農学部4年生の渡邉愛子さんがノビレチン研究会第4回学術研究会において学生優秀発表賞を受賞しました【12月12日(土)】

 令和2年12月12日(土)に、オンラインで開催されたノビレチン研究会第4回学術研究会において、農学部生命機能学科健康機能栄養科学特別コース4年生の渡邉愛子さんが、「スダチチンの抗アレルギー効果に関する研究」について口頭発表し、学生優秀発表賞を受賞しました。

 本研究は、スダチに特徴的に含まれるフラボノイドの一種であるスダチチンに、ヒスタミン放出によるⅠ型アレルギーの症状の緩和に繋がる効果を有することを明らかにし、さらにその作用機構を明らかにしたものです。研究結果はスダチが、アレルギー症状緩和効果を有する機能性食品素材になり得ることを強く示唆しており、今後、機能性食品の開発に繋がることが期待されます。

 

<農学部>