受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
学生 その他 投稿日:2017.12.28
愛媛大学リーダーズ・スクール(ELS)、スチューデント・キャンパス・ボランティア(SCV)メディアサポーター映像部の学生、附属高等学校の生徒が、「キッズジョブまつやま2017」に出展し、感謝状を授与されました。【12月17日(日)】

 平成29年12月17日(日)、愛媛大学リーダーズ・スクール(ELS)、スチューデント・キャンパス・ボランティア(SCV)メディアサポーター映像部の学生、附属高等学校の生徒等が協働して、松山市総合コミュニティセンターで開催された「キッズジョブまつやま2017」(主催:松山市小中学校PTA連合会、公益財団法人松山市文化・スポーツ振興財団)に出展しました。

 このイベントは、松山市内の小中学生に仕事の意義・仕組み・やり方を体験させることにより、働くことの楽しさや厳しさを学ばせ、地元企業への関心と理解を深めさせることを目的として毎年開催されており、今年は、松山市内から1,800人を超える小・中学生とその保護者が参加しました。

 愛媛大学からは、大学生15人のほか、今年度初めて、附属高等学校の生徒15人が協働してブースを運営しました。独立行政法人労働政策研究・研修機構が開発した「VRT(Vocational Readiness Test)カード」というツールを用いて、小中学生355人とその保護者の方々に、児童生徒一人ひとりが持っている興味・関心分野と関連のある職業領域の紹介を行い、職業への理解を深めました。また、ブースでの待ち時間には、映像合成技術を用い、お天気キャスターや宇宙飛行士などの映像に小中学生を重ね、写真に収める催しを行いました。

 

 ブース出口で実施した満足度調査では、参加者ほぼ全員からの好評が得られ、主催者からは、イベントへの出展と貢献に対する感謝状が授与されるなど、大変充実した取組になりました。

 

<教育学生支援部>