受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
学生 投稿日:2018.03.13
工学部情報工学科3 年の宮川篤盛さんや加地純平さんらによるチームが2017 年度enPiT ビジネスシステムデザイン分野ワークショップで優秀賞第三位を受賞しました【2月22日(木)】

 平成30年2月22日(木)筑波大学東京キャンパスで開催された2017 年度enPiT ビジネスシステムデザイン分野ワークショップにおいて、工学部情報工学科3年の宮川篤盛さん、加地純平さん、田畑雄大さん、前田雄輝さん、村上遼太さんのチームが、優秀賞第三位を受賞しました。
 宮川さんらのチーム「みかん帝国」は、VR機器を活用して面接体験できる情報システム(システム名:面接体験VR「V interview」)を開発しました。その開発成果を、enPiT ビジネスシステムデザイン分野の連携10大学から選抜された9チームによるワークショップにて発表し、この内容が高く評価され、今回の受賞に至りました。

※enPiT(成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成)とは、文部科学省が革新的・先導的な教育研究プログラムの開発と卓越した教育研究拠点の形成を目的に行う補助金事業のひとつで、本プログラムでは、情報技術を高度に活用して社会の具体的な課題を解決できる人材の育成機能を強化するため、産学協働の実践教育ネットワークを形成し、課題解決型学習(PBL)等の実践的な教育を推進し広く全国に普及させることを目的としています。本学は「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(第二期enPiT)」の連携大学として、アイデアソンやPBL等のグループ活動を取り入れた教育の実践や教育手法の開発・普及を目的としたFD活動に取り組んでおり、工学部情報工学科が中心となって、enPiT事業ビジネスシステムデザイン(BizSysD)分野に参画し、その推進にあたっています。また、本学はenPiT事業組込みシステム(Emb)分野にも連携大学として参画し、その推進にあたっています。

<工学部>