受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
Print
受験生の皆さんへメッセージ
2019.08.23
興味があれば可能性は無限に

Data

田代 桜子

国際連携推進機構 卒業生
●国際連携推進機構 非常勤講師
●日本語教育

 高校時代から「大学では絶対に文学をやりたい!」と強く希望していた私は、望みどおり愛媛大学で学部、大学院と日本文学を専攻し、和歌や源氏物語の研究をしていました。
 極めておおざっぱな人間にとっては、丁寧な作品の読み込みや情報収集をもとに、説得力のある論理展開を紡いでいく…という、専門ならではの研究は非常に大変なものでしたが、そのような苦しさの中にも、遠い過去に文章を書いたり、和歌を詠んだ人たちと同じ光景が見えた瞬間がありました。その光景の美しさは、想像上でこそあれ、今でも忘れられません。
 愛媛大学はとてもすばらしい先生方が、(私のような人間にとっては)もったいないほど熱心に指導をしてくださいます。学生も真面目な人がとても多いため、何かを学ぶにはとてもいい環境です。おまけに大学自体の立地もよく、生活をする上での不便さはほとんどありません。そういうこともあり、私は大学院を修了してさらに数年、研究生として愛媛大学に居座ってしまいました。
 紆余曲折あり、やっと社会に出たはずの私は、愛媛大学に戻り、幸運なことに現在は非常勤講師として留学生に日本語を教えています。
 「外国人に日本語を教える」というと、語学が堪能でなければならないと思う人がとても多いようです。自慢ではありませんが私は英語がほとんど話せませんし、大学で1年勉強したはずのフランス語は今や「自転車で来ました」しか言えません。
 そんな私でも、さまざまな背景や考えを持つ留学生たちとお互いに学び合い、助け合いながら、楽しい日々を送っています。
 日本語しか話せなくても国際交流はできますし、大学にはそのような場所や機会がいくつもあります。
 皆さんのモデルになるようなことは言えませんでしたが、大学はやりたいことができる時間も、環境もたくさん用意されています。
 みなさんが「楽しい」と思うことをたくさん見つけられることを願うばかりです。

MORE MESSAGE