受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
教育 国際 投稿日:2012.10.01
文部科学省 平成24年度「大学の世界展開力強化事業〜ASEAN諸国等との大学間交流形成支援〜」に本学申請のプログラムが採択されました【9月25日(火)】

 文部科学省の平成24年度「大学の世界展開力強化事業〜ASEAN諸国等との大学間交流形成支援〜」に、本学が代表校となり申請していた「日本・インドネシアの農山漁村で展開する6大学協働サービスラーニング・プログラム」が、中国・四国地区の大学で唯一採択されました。(申請件数71件、採択件数14件)

 急速なグローバル化に伴い、自国、他国の出身にとらわれない、グローバルに活躍できる人材の登用、養成が求められており、我が国の大学教育においてもこうした潮流に呼応して、国際通用性の高い魅力ある共同プログラムを世界に向けて展開することが急務となっています。
 このような状況の中、本学を含む日本・インドネシア6大学(愛媛大学・香川大学・高知大学・ガジャマダ大学・ボゴール農業大学・ハサヌディン大学)のコンソーシアムで実施すべく計画されたものが今回のプログラムです。
 この取組は、学生が両国の地域コミュニティに1週間から3ヶ月以上にわたって一緒に滞在し、現実の課題に取り組みながら学ぶサービスラーニング・プログラムです。このカリキュラムを通して、「学生の内向き志向の打破」「学生の目的意識の向上」「農山漁村の課題に関わる大学の地域貢献を推進」を目的としています。
 さらに、地域の課題について、地域コミュニティに関わる多様な主体と協調して目標を達成しようとする「サーバント・リーダー」の育成を目指します。

block_47080_01_l

<国際連携推進機構>