アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
その他 投稿日:2020.02.26
【重要】新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する本学の対応について(第6報)

 新型コロナウイルス感染症対策として、令和2年2月18日付文部科学省事務連絡を受け、国内での感染をできる限り抑えるため、新たに本学の就業上の扱いを下記のとおり定めましたのでお知らせいたします。

1.就業上の扱いについて(最新のお知らせについては「就業上の取扱いについて」を参照してください)

 新型コロナウイルスに関する就業上の扱いについては、2月20日から当面の間、以下のとおり扱うものとします。
 なお、日頃から風邪やインフルエンザへの対策も兼ね、マスクの着用などの咳エチケットや手洗いの実施等の感染症対策を行い、体調管理に努めてください。もし、発熱等の風邪症状が見られたら、外出を控え、毎日体温を測定し記録するようにしてください。

(1)37.5度以上の発熱がある場合
→ 自宅等で待機してください。自宅等での待機期間は特別休暇として扱います。各部局総務担当チームに連絡するとともに、4日以上発熱が続いた場合は、帰国者・接触者相談センターに相談してください。

(2)新型コロナウイルスに感染していると診断された場合
→ 出勤はできません。この期間は就業禁止(有給)として扱います。各部局総務担当チームに連絡してください。治癒すれば出勤可能となります。

2.中国本土(香港、マカオを含む。以下同じ。)から帰国(中国本土経由を含む)した教職員への対応について

(1)帰国日から2週間以内に発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状がある者
 他の人との接触を避け、マスクを着用するなどし、すみやかに最寄りの「帰国者・接触者相談センター」に電話相談していただくとともに、同センターから紹介された医療機関を受診してください。受診結果は、各部局総務担当チームに連絡してください。新型コロナウイルスに感染していると診断された場合は、上記1の(2)の対応とします。

(2)現に発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状がない者
 現に症状がない者についても、帰国後2週間は、厳重な健康観察を行いますので、各部局総務担当チームとの連絡を密にし、外出を控え、自宅に滞在していただくようお願いします。この期間は就業禁止(有給)として扱います。なお、症状が出現した場合には、上記2の(1)の対応とします。

3.中国以外への渡航について

 令和2年1月29日付第1報において、中国への渡航について事態が終息するまで中止または延期とするよう通知しておりますが、中国以外への渡航については、これまでと同様に、外務省の海外安全情報に留意し、十分に安全を確保のうえ、自己責任において渡航を行うようお願いします。

◆一般相談窓口(愛媛県と松山市の合同)
新型コロナウイルス感染症に関する一般的な質問や相談
対応時間:24時間対応(土日・祝日含む)
電話番号:089-909-3468(愛媛県・松山市共通)

◆帰国者・接触者相談センター(愛媛県と松山市の合同)
新型コロナウイルス感染症の疑い例に該当する方の電話相談
対応時間:24時間対応(土日・祝日含む)
電話番号:089-909-3483(愛媛県・松山市共通)

【参考】
○学校における新型コロナウイルスに関連した感染症対策について(令和2年2月18日付文部科学省事務連絡)
○中国から帰国した児童生徒等への対応について[追加1報(浙江省の追加)](2/13現在)(通知)(文部科学省通知)

 

新型コロナウイルスに関する本学の問合せ先について

(ア)海外からの帰国者について(国際連携支援部)
    学生:国際連携課学生交流チーム電話:089-927-9157
    学生以外:国際連携課国際支援チーム電話:089-927-8966
(イ)入試や授業について(教育学生支援部)
    入試:入試課電話:089-927-9173
    授業:教育支援課電話:089-927-9151
(ウ)健康上の心配事について
    総合健康センター電話:089-927-9193
(エ)就業上の心配事について(総務部)
    人事課電話:089-927-9032
(オ)上記以外のお問合せについて(総務部)
    総務課電話:089-927-9010

 

これまでの通知 「新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する本学の対応について」

 第5報
 第4報
 第3報
 第2報
 第1報