受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
国際 投稿日:2017.11.09
ルーマニアのイオン・クレアンガ高校の生徒が図書館を訪問しました【11月1日(水)】

 平成29年11月1日(水)、イオン・クレアンガ高校の女子生徒4人及び引率教員であるフロリカ・アレクサンドレスク校長及びミレラ・マレシ副校長の2人が、図書館を訪問しました。
  イオン・クレアンガ高校と本学附属高等学校は平成26年度に国際交流に関する協定を締結以来、スカイプで行っていた相互教育実践プログラムを踏まえて、平成28年度からは両校の生徒及び教員が相互に訪問・交流する活動を行っています。今回は、10月28日から7日間に渡り附属高等学校において国際交流活動を行いました。  

 
 今回の滞在の中で、生徒たちは図書館にも訪れ、協定締結に尽力したルーマニア担当の本学特命アンバサダーでもある清水史図書館長との面談や館内の見学を行いました。最初に館長室にて、清水館長から英語で俳句を作る手ほどきを受けたり、生徒が扇子に書いた書道をお披露目したりして、日本語も織り交ぜながら和やかな雰囲気で歓談しました。続いて館内を見学し、当館所蔵の「三輪田米山 六曲一双屏風」、「西條誌稿本」等を鑑賞しました。生徒及び教員は非常に熱心に鑑賞し、作品に関する質問も多くあり、改めて日本文化への関心の高さを伺い知ることとなりました。
 今後も、このような交流を通して、ルーマニアとの更なる親交が深まることを願っています。

  アレクサンドレスク校長(左)とマレシ副校長(右)に清水館長から             日本語の本を手に取る高校生
                記念品贈呈