受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
国際 投稿日:2013.08.28
日本・インドネシア6大学協働で実施するサービスラーニング・プログラムを開始しました

 この夏、日本とインドネシアの6大学(本学、香川大学、高知大学、ガジャマダ大学、ボゴール農業大学、ハサヌディン大学)で構成するSUIJIコンソーシアム(Six-University Initiative Japan Indonesia)の連携の下、未来社会の持続的な発展に貢献するサーバント・リーダーを養成するプログラムを開始しました。本プログラムは、両国の学士学生(インドネシア人学生33人、日本人学生40人)が3週間にわたって、過疎化・高齢化の進む四国の農山漁村に共に滞在し、現実の課題に取り組みながら学ぶものです。
 今年度本学では、宇和島市の蒋渕、西予市の渡江、愛南町の銭坪に位置する3地域にて実施しています。この他に、香川大学では香川県小豆島町、高知大学では高知県柏島で実施しています。各地域では、両国の学生約15人が一つのチームとして地域の課題に取り組んでいます。

※本事業は、文部科学省の「大学の世界展開力強化事業」(平成24年度〜28年度)の補助を受けています。

block_53267_01_l

松山市の野外活動センターで実施したスタートアップギャザリング時の集合写真

 

活動の様子を紹介するFacebookページ

【参考】本年3月に国際連携推進機構のルース・バージン准教授が実施した取組

<国際連携推進機構>