受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
大学案内

愛媛大学のVISION

Print Facebook Twitter

本学は、第3期中期目標期間(平成28年度から平成33年度)における機能強化の方向性として、「愛媛大学は、「輝く個性で 地域を動かし世界とつながる大学」を創造することを理念に、地域を牽引し、グローバルな視野で社会に貢献する教育・研究・社会活動を展開する。」という 「ビジョン」を掲げ、「ビジョン」を達成するための3つの「戦略」と、それぞれの「戦略」についての具体的な「取組」を以下のとおり設定しました。

愛媛大学のVISION(PDFファイル 585KB)

戦略1 地域の持続的発展を支える人材育成の推進

地域課題解決型の新学部の設置や教職員能力開発拠点という輝く個性を活かし、組織改革・教育改革を進め、地域により多くの有為な人材を輩出することにより地域を動かす大学であり続けます。
具体的には、地方国立大学として、地域の発展を牽引することを使命と受け止め、その実現のために「人材育成」の観点から教育改革を実行し、多くの有為な人材を地域に輩出する戦略を展開します。

戦略2 地域産業イノベーションを創出する機能の強化

地域密着型研究センターやCOC・COC+事業拠点大学という輝く個性を活かし、地域の「まち」づくり、「ひと」づくり、「しごと」づくりにつながる活動を通じ、地域を動かす大学であり続けます。
具体的には、それぞれの地域の資源、自然、文化、産業、また、地域からのニーズに応じた地域密着型研究センターを展開し、地域にある大学として「まち・ひと・しごと創生」に取り組む戦略を展開します。

 

戦略3  世界をリードする最先端研究拠点の形成・強化

超高圧科学分野、沿岸環境科学分野、タンパク質創薬分野の先端研究センターという輝く個性を活かし、世界をリードする研究と次世代を担う先端研究拠点を育成することにより地域にありながら世界とつながる大学であり続けます。
具体的には、グローバルな視野で社会に貢献するために、本学の強み・特色である先端研究センター等において、地域から世界にわたる諸課題解決に寄与する最先端研究を推進する戦略を展開します。