受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
入学試験内容の変更点 投稿日:2020.02.12
令和3(2021)年度入試以降の入学者選抜方法の変更について(予告)【第二報:大学入学共通テスト及び英語認定試験の活用について】及び【第三報:調査書の活用方法について】の一部変更について

 本学は、令和3(2021)年度入試以降の入学者選抜方法の変更についての予告として、大学入学共通テストの『国語』を課す全選抜で、記述式問題を活用し、その方法は段階別成績表示を点数化してマーク式の得点に加点すること、「数学Ⅰ」、『数学Ⅰ・数学A』においても記述式問題を活用することについてお知らせしました(第二報:平成31年3月)。さらに、大学入学共通テスト『国語』の記述式の評価方法についてお知らせしました(第三報:令和元年9月)。

 令和元年12月17日(火)に行われた萩生田文部科学大臣の閣議後記者会見において、大学入学共通テストにおける記述式問題の導入見送りが表明されたことを踏まえて、本学が公表した第二報及び第三報の大学入学共通テストの記述式問題に関する箇所を削除することとしましたので、お知らせします。

 

変更箇所はこちら
【第二報:大学入学共通テスト及び英語認定試験の活用について】
【第三報:調査書の活用方法について】

最新版はこちら
【第二報:大学入学共通テスト及び英語認定試験の活用について】
【第三報:調査書の活用方法について】

 

 

(参考)
大学入学共通テストの記述式問題について※文部科学省ホームページへリンクhttps://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/koudai/detail/1420229_00001.htm